Rubbing It In

2013年 9月 09日
作者: Daniel Johnson

お盆休みを終えて仕事に戻ってきたダニエル先生は、ニック先生にお休みはどうだったか尋ねています。 どうやら、ニック先生は、毎日 ウェブサイトの更新の作業に追われていたみたいですね。


Daniel:
Hey, Nick! How was the summer holiday?
やあ、ニック。 夏休みはどうだった?
Nick:
What holiday? I had to knuckle down and get our new website finished.
休みって? 本腰を入れて、ウェブサイトを仕上げなくちゃだめだったんだよ。
Daniel:
Oh, that’s rough! How’s it looking?
それは、大変だね。 サイトはどんな風だい?
Nick:
Well, after several all-nighters I think it’s finally looking pretty polished. I’m pretty impressed with myself!
うん。何日か徹夜もあったけど、ついにきちんと見え始めたと思うよ。 自分でもとても感心してるよ。
Daniel:
Hey! Don’t be so modest!
まあ、そんなにご謙遜を。
Nick:
Ha! Anyways, how was your holiday?
ははは!それはそうと、君の休みはどうだった?
Daniel:
Oh, me? You know, I just kicked back and relaxed on Shiraishi Island. Sipped some Margaritas while watching the sun gently set over the Japan Inland Sea. Nothing special.
ぼく? そうだね。 白石島で のんびりとリラックスしたよ。 太陽がゆっくりと瀬戸内海に沈むのを眺めながら、マルガリータをすすってね。 別にこれと言って特別なことはしてないよ。
Nick:
Way to rub it in!
嫌みだね。
Daniel:
We’re all stoked to see the new website though! So your hard work is not in vain.
でも、新しいウェブサイトを見て、わくわくしているよ。 苦労が無駄にならなかったね。
Nick:
I’m stoked to get it finished.
完成できて、とても嬉しいよ。

Useful Expressions:
knuckle down …
… (本腰を入れて)かかる、まじめに取り組む
that’s rough! …
… それは大変だ。 それはきついね。
all-nighter …
… 徹夜すること
kick back …
… のんびりする
rub it in …
… 嫌なことをくどくど言う
be stoked …
… 嬉しい、わくわくしている
in vain …
… むなしく。 無駄に。

Daniel Johnson について

米国オハイオ州出身。オハイオ州立大学卒業。ライト外語スクール勤務。英語講師。日本語も学び名古屋の中部大学に留学経験あり。日本文化に関心が高く、特に剣道は2段の腕前で さらに上段を目指している。